text.skipToContent text.skipToNavigation

Moons’ LEDインテリジェント電源のセミナーが日本で円満に開催された

中国の電源メーカーMoons’(ムーンズ)が2017年11月22日にラグナスイート新横浜でLEDインテリジェント電源のセミナーを開催しました。DNL、山田照明、Delta、スタンレー電気及びToshiba等30社以上の代表者が出席しました。セミナーではMoons’の次世代DALI Sシリーズインテリジェント電源を紹介し、各種類のMoons’ LEDインテリジェント電源の調光機能をデモし、取扱上の注意事項を説明しました。

Moons’日本支社の芦沼様が現場で出席者にSシリーズインテリジェント電源の0.1%調光レベルを展示し、「ファームウェアアップグレード」、「NFC近接通信機能」、「12V補助電源出力」及び「5V DALI電源出力」4点の追加機能を説明しました。LED電源の市場状況をよく知り、照明制御の専門家として中畑様が、セミナー後に、Sシリーズインテリジェント電源が「使いづらいことを電源側で解決する」の設計理念を反映すると話しました。また、「0 .1%調光レベルがMoons’のDALI電源の大きな特長です。現在、オフィスのようなエリアではそこまでの調光レベルは求められていないけど、調色やフルカラーコントロールが、オフィスにも導入されるようになると、0.1%調光ができることが重要になる」って評価しました。

セミナーに通じて、Moons’のLEDインテリジェント電源が日本市場でより一層期待と信頼されています。今後もMoons’が顧客様の声に耳を傾け、顧客との交流をより密にしつつ、顧客との絆を深めます。