text.skipToContent text.skipToNavigation

米国サバンナ港の建設を支援する鳴志LED知能駆動システム
Georgia Ports Authority(米ジョージア州港湾当局、以下「GPA」と省略)の承認を得て、同港湾において鳴志社の製造したLED知能駆動システムを取り付ける上で、当該の新型LEDインテリジェント照明システムが採用された。

2017年8月9日、鳴志製知能LED駆動制限電源は同類製品のうち最も抜群な優位性及び様々な苛酷な試験において実力をもっていることが、Bright Light Systems (BLS)の目に留まり、新型NOVAシリーズのポールライトに採用された。

今回のプロジェクトにおいて、鳴志は生産された800台のスマートセンサ及びコントローラのセットを搭載したシステムと、400台のサージ対応及び過渡状態の保護機能を持たせている特殊設計の320ワット高電圧入力LED知能ドライブが取り付けられ、同港湾の既存の高圧ナトリウムランプの代わりにNOVAシリーズのポールライトに取り替えられた。プロジェクトの実施後、約900万平方フィート(約83.61万㎡)ある同港湾の面積を同様の明るさで照らし、新しいシステムでは少なくとも70%のエネルギー消費量及び整備コストを節約できるということである。BLSの総裁兼CEOのBrad Lurie氏は「今回、GPAは世界一流レベルのインテリジェント照明システムを採用し、港湾の発展を促進するアシストになることができ、非常に嬉しく思います。」と述べた。知的制御を集積した新しいLED照明システムの採用により、港湾の為に持続可能な省エネと運営コストの大幅な削減を遂げるとともに、港湾従業員の安全性も大幅に向上させることができた。

同港湾は全米最大の単体コンテナ港であるとともに、発達した鉄道及び陸運輸送網を依拠としており、同港湾は全米トップ3位の港となっている。同港湾は輸送量の向上に専念し、お客様の為に140万平方フィート(130,064㎡)の多機能倉庫を備えている。