text.skipToContent text.skipToNavigation

2相及び3相モーター Applications by MOONS'

2相及び3相モーター

MOONS'モーターは、様々な相数とステップ角度が選択可能です。各種モーターは、それぞれのメリットと特徴を持っております。様々なご要望に応えることが出来ます。

•2相-1.8°ステップ角度

市場で多く使用されているのがHB型モーターです。組み合わせ選択が多いため、ご要望のトルク、スピードおよび精度に合わせて選択する事が出来ます。市場ニーズが多いため、モーターと組み合わせるドライバは、大量に使われコストも安いです。
一般的に駆動装置にフル電流を流し順番的にコイルを励磁することによってモーターは、フルステップのペースで動作します。それぞれのパルス周波数にて動作する場合、モーターはそれぞれ異なる音を立てあるスピードの場合は、共振する可能性も有りますが、ほとんど問題にならないとレベルです。もし以上の症状に遭う場合、マイクロステップで作動することにより出力トルクを安定させることが出来、多くの場合、共振のスピード帯は、駆動プログラムの設計を通じて簡単に避けることが可能です。
精度、及び円滑・静音等をご要望の場合はMOONS'の2相0.9°と3相1.2°ステップモーターを推奨いたします。

•2相-0.9°ステップ角度

ステップ角度が1.8°の半分の0.9°モーターは、より分解能を持ち回転もさらに滑らかです。ドライバは、0.9°と1.8°モーターは、同じ物を使用出来ます。回転スピードが同等の場合、0.9°モーターに入力するパルス周波数は、必ず1.8°モーターの2倍にする必要があるため、0.9°モーターはハイスピード帯で出力トルクが小さくなります。普通は、ハイスピード帯がほとんど使わないが、万一使用する場合、駆動電圧を上げることによりハイスピード帯のトルクを増やすことは、可能です。

 

0.9°ステップモーターの主な応用用途は、防犯カメラです。機器が振動したり画像がぼやけたりしない様、モータは、滑らか且つ正確に動作させます。 MOONS'の樹脂成型モーターは小型軽量化設計できる一方で室外環境にも対応出来ます。

•3相-1.2°ステップ角度

3相モーターの特徴は、トルクのばらつきが小さく、回転がより滑らかなことです。ドライバは3相と2相では、異なります。2相1.8°モーターと比較すると3相モーターは、ロースピード帯でのトルクがやや低いです。MOONS'は、これを設計改善しトルク差は、かなり縮小しハイスピード帯のトルクも同等並になってきています。又ご要望があればサイズ24インチの3相モーターは、高トルクの出力対応が可能です。 高性能、運転時の静かさと滑らかさを求める場合は3相モーターを提案致します。3相モーターの主な応用用途は、ステージ照明です。スポットライトは騒音を立てずに素早く稼働する為3相モーターがよく使用されています。